ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

アラサー夫がオーストラリアの大学院への留学を決め一人で渡豪したおはなし

 

f:id:Cozy28:20200824003843j:plain
 

現在私は、夫が取得した卒業生ビザ(※)のパートナービザでシドニーに暮らしています。
30歳を目前にした夫がオーストラリアの大学院に留学するため一人で渡豪するまでの、我が家の道のりをまとめてみました。

時は2015年の初めまでさかのぼります。

※オーストラリアの大学院を卒業するともらえる2年間就労可能なビザ。

 

 

留学を決めたきっかけ

f:id:Cozy28:20200504134431j:plain

 

お付き合いを始めた頃から、夫は「留学したいな~しようかな~」というような、発言をよくしていました。

自分の目標を実現するためには海外経験は必要だと。

結婚する前、私は聞きました。

「本当に留学しなくていいんですか?」と。

でも夫は結婚を選びました。

結婚して一年が過ぎ、「車買う?家どうする?子どもは?」という話題が出始めた頃、私はもう一度聞きました。

「本当に本当に、留学しなくていいんだね?」

私は少し後ろめたかったんです。

夫は少し年下なので、本当はもっとチャレンジできるんではないかと。

必要なことだと考えているのに、私が足かせになっていたら嫌だなとも思いました。

それにこの先「あぁ、あの時海外に行っていれば…」と夫が後悔しながら生活していくことになったら、全く幸せじゃないと思いました。

これからどう生きたいか自分たちにとって何が大切か、何度も話し合いふたりの決意を固めたのが2015年の初めです。

 

どうしてオーストラリアに決めたのか

f:id:Cozy28:20200408103808j:plain

 

夫の専攻は、日本では学べる学校がなく、名門校はスイスにあります。

ですがスイスの学校に入学するには、英語力もお金も時間も、何もかもが到底足りませんでした。

そこで色々調べ、学費、通学年数、取得できる学位、ビザ、生活のしやすさなどを総合的に判断し、シドニーのある学校に目標を決めました。

 

留学のための英語勉強と準備期間

f:id:Cozy28:20200410131701j:plain

 

留学を決めた時から出発までは一年半かかりました。

 

夫は仕事と並行しながら夜も遅くまで猛勉強していましたが、留学に必要な英語のスコア(TOEFL iBT)は思うように上がらず…。

年齢的にもここで長居はできないと思い、見切り発車の状態でオーストラリアに行ってからスコアをあげて入学する方法も調べました。

そして勉強を続けながら、向こう6年間の計画表を作成しました。

大学院の入学月、学生の期間、卒業生ビザの期間、日本に完全帰国する日程等と、夫と私の年齢も入れた人生計画表です。

その結果、2016年7月を出発最終期限と設定しました。

出発までにはスコアも上がってきましたが、そのまま入学しても絶対授業についていけないので、半年間の語学学校を申し込みました。

 

私は英語の試験のこともよく分からないのにプリプリ怒ってしまうことがありました。

「そんなんでよく海外行くとか言えるね!」なんて言い、今思うとかわいそうなことしてしまったたなぁと思います。

さらにその頃日本酒の美味しさに目覚め、夫が一生懸命英語を勉強する横で、私は国際利き酒師の通信教育を受けていました。

分からない単語があると辞書を引く前に夫に聞いて邪魔をしていました。

ちゃんと応援できなくて本当にごめんなさいと謝りたいです。

 

留学費用について

f:id:Cozy28:20200504131151j:plain

 

こちらの記事30代夫の社会人留学~私費留学でかかったお金~ に項目ごとにまとめましたが、500万円以上かかっています。

私たちの仕事は、お給料は決して良いとは言えませんが、家も車も持たず質素に暮らして貯金はなんとかできていました。

貯金はなくなるけれどなんとか生活していける計算ができたので、ぱーっと払いました。

形に残らない経験にお金を使えるという価値観が同じだったので、この金額には後悔はありません。

将来のリターンも多くは見込めませんが、人生計画表に帰国後の昇進計画をちゃっかり入れていた夫に期待してみましょう。

 

お互いの両親の説得

f:id:Cozy28:20200504132419j:plain

私にとって家族の説得が一番大変で、本当に心苦しい思いを何度もしました。

 

私たちは共に、ごく一般的な家庭で愛情いっぱいに育ててもらいました。

父が一家の大黒柱、母はパートタイムで働きながら家を整え…という普通の家庭。

現在、家族の形は色々あるとは言え、一般的な家族像だと思っています。

そんな私たちの親が、まもなく30歳になる夫婦ふたりの決意を理解できなくても当然のことです。

 

まず夫の両親は、「結婚したのにそんな勝手なことは許されない」と断固反対していました。

そして「今からそんなことして何になる」とも言っていました。

仕事をしつつ一生懸命勉強を続けていた夫にはきつい言葉だったと思いますが、私たちのことを本気で思って言っていることはよく分かっています。

私たちは、

  • 金銭的な事も含めそれぞれの場所でしっかり生活する方法
  • 何を目指して何を得に行くのかという未来の計画
  • ふたりで決めた道だからふたりの責任であるという決意

を伝えました。

なんとか受け入れてもらいましたが、夫の父は出発の日になっても完全に賛成しているわけではなかったようです。

こんなにも悩ませてしまい「あぁ、勝手なことをしてしまっているんだな」と本当に心苦しくなりました。

 

一方で私の両親は、心では思うことが色々あったはずですが、応援して送り出してくれました。

母は「何歳になっても私たちの子どもだけど、どう生きていくか口を出せることじゃないから」と。

父は「現地の人たちに、〇〇がいないとダメだって引き留められるくらい大きくなれるように頑張って」と。

 

2年半の学生生活が終わった2019年3月、夫の両親と私は卒業式出席のためシドニーまでやってきました。

ここで一区切りようやく晴れの姿を見せることができ、夫はとても嬉しそうでした。

両親もオーストラリアの地でしっかり学んだ夫の姿を見て安心したようです。

厳しいことは言っても、いつも私たちを応援して見守ってくれる4人の親には感謝しかありません。

 

会社を退職して夫がオーストラリアに旅立った日

f:id:Cozy28:20200504132548j:plain

 

出発の2週間ほど前、夫は新卒から6年勤めた会社を退職しました。

応援してくれる人、理解できないという人、羨ましいと言う人、同僚や友人の反応は様々でしたが、その頃には周りの声など気にしていませんでした。

それよりも、日本に帰ってきた時「行って良かったな」と言ってもらえるように頑張る、と夫は話していました。

行った事のない人にこの挑戦を分かってもらえなくて当然だと、私もさっぱり考えていました。

 

出発までの間、有難いことにたくさんの方が壮行会や送別会を開いてくれました。

そして暴飲暴食をし、今のうちにと牡蠣や鰻をたくさん食べた夫は、出発の前日にお腹を壊して点滴をしに行きました。

私が看病どころか怒鳴り散らしたのは言うまでもありません。

 

羽田空港まで見送り、泣くのを我慢して自分のアパートについた時の喪失感はいつまでも忘れないと思います。

「あぁ本当に行ってしまったんだ…」と、一人で暮らすこの先の生活を考えながら長い夜を過ごしました。

翌朝、夫からきれいな青空の写真が届き、夫のオーストラリア生活第一日目が素晴らしい日で本当に良かったと思いました。

 

f:id:Cozy28:20200410134107j:plain

 

もし社会人留学を考えている方がいたら…

以下は夫を留学に送り出した私の考えです。

後悔するかしないかは自分の考え方次第ですし、失敗か成功かだけで判断することもできません。

行った本人もまだ悩みながら暮らしているのに、行かない人の言う事は気にするだけ無駄です。

ただ、悩んでいる間にも時間はどんどん過ぎていきます。

特に我が家は若いとは言えない年齢での挑戦だったので、時間の大切さは身をもって感じています。

行くと決めたら出発の日を決めて、逆算して準備を始めてはいかがでしょうか。

中止にするのはいつでもできますし、それで諦めたとか達成できなかったと自分を責める必要もありません。

今このような変化の大きい世の中で、計画を変更するのは何も悪いことではないと思います。

 

私たちの経験談がどなたかの勇気になれば幸いです。

 

 ↓ よろしければこちらもお読みください ↓ 

www.hitsujisampo.comwww.hitsujisampo.com

www.hitsujisampo.com

 

f:id:Cozy28:20200408112159j:plain