ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

オーストラリアでティーツリーオイル入り掃除用スプレーを作ってみた!

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20200823231848j:plain


掃除用スプレーを手作りしたお話です。

※こちらの記事は自分なりに調べて実践したものなので、ご自身の判断でお使いください。

身の回りの拭き上げや消毒をする際に利用していたエタノールスプレーが、オーストラリアで見つかりませんでした。

新型コロナウイルスの影響で日本でもかなり品薄のようですが、このような商品です。

 

 

オーストラリアにあるお掃除スプレー

f:id:Cozy28:20200416121921j:plain

オーストラリアでは、このマルチパーパスクリーナーというものが、身の回りの拭き上げ掃除に使える物のようです。
使用してみましたが、人工的な香りが強い、洗い流し不要なのになぜか泡立つ、あまりきれいにならない、と使い心地がよくありませんでした。
 

methylated spiritsがお掃除に使える?

f:id:Cozy28:20200416121939j:plain

色々調べてみたところ、精製水とmethylated spiritsを2 : 8で混ぜると除菌スプレーとして使える、という情報もありました。
methylated spiritsはスーパーのお掃除コーナーで見つけることができました。
日本語に訳すと「変性アルコール」となります。
ですが、変性アルコールについて調べたところ、気になる表記を見つけました。

kotobank.jp

工業用アルコールを飲用に転用されないために、エチルアルコールに少量のメチルアルコールなどを加えてあるもの。

引用元:コトバンク

 

メチルアルコール=メタノールは毒性もあり、近頃エタノールと間違えて購入しないようにとのニュースも流れていました。 

一方、methylated spiritは掃除に有効に使えるという英語サイトも発見しました。 


cleanadviser.com

 

 methylated spiritのボトルの表記は、日常の掃除、点火、汚れ落とし…。点火!?

f:id:Cozy28:20200416122104j:plain

また、いつも様々な調べ物をさせていただいているこちらのサイトを見て、化粧品などの溶剤にも使われていることを知りました。

 

cosmetic-ingredients.org

日本とオーストラリアの変性アルコールの定義が同じなのか分からなかったのですが、おそらく市販のハンドジェルなどにも入っているのだろうと思います。 

 

悩んだ末、この方法で作ってみました

以下の3点を考えて作ってみることにしました。

  • 濃度を低くして使う

  • 除菌効果をあげるためティーツリーオイルを一緒に混ぜる

  • 人体には使わない

ティーツリーオイルは、高い殺菌効果があると言われるオーストラリアの万能オイルです。
薬局で簡単に手に入ります。
 

f:id:Cozy28:20200416121942j:plain

以下が私が作っている容量です。 
  1. スプレーボトルに20mlのmethylated spiritsを入れ、ティーツリーオイルを20滴入れる。(オイルと水は混ざりにくいため、methylated spiritsで事前に溶かします。)

  2. ボトルをシャカシャカ振って混ぜ合わせたら、水を80ml入れる。

 

※methylated spiritsはプラスチックを溶かしてしまうことがあります。ポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル樹脂以外のプラスチックは使えません。私は計量カップを溶かしてしまいました…。

※methylated spiritsはかなり強い薬品なので、手袋をして取り扱ってください。

 

お水はできれば精製水が良いですが、掃除用なのでペットボトルのお水にしてしまいました。

洗面所周り、キッチン周りなどに100ml使い切り、サッと拭き上げるのに使い勝手良く、ティーツリーオイルの爽やかな香りもとても良いです。

2回目は計量せずに、目分量で作りました。

 

ところで、methylated spiritsはなんと読むのか?

私の辞書によると、最初の「メ」にアクセントで、メスレイテッド スピリッツでした。

 

調べたり悩んだり、自分なりにやり方を探りながらなんとか生活しています。

これからも楽しみながら新しい発見をしていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。