ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

シドニーの日本食材店で買ったアイテムと値段をまとめてみた

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20200430140735j:plain

ノース・シドニーで日本人夫婦二人暮らしをしています。

ある日の日本食材店での購入品と値段をまとめてみました。

※1AUD=70円で計算し、日本円の価格は四捨五入しています。

 

 

調味料

f:id:Cozy28:20200427142932j:plain

  AUD
醤油 500ml $3.7 ¥260
料理酒 500ml $9.9 ¥690

 

甘辛い味のおかずが大好きなので、醤油、みりん、酒は高くても手放せません。

 

麺類

f:id:Cozy28:20200427143023j:plain

 

  AUD
中華そば $2.8 ¥200
焼きそば 3食 $6.3 ¥440
ラーメンスープ 2袋 $2.0 ¥140

 

近頃、もやし、ひき肉、コーン缶(最後にバターのせ)で作る味噌ラーメンにはまっています。

半生タイプのパウチになった中華麺も売っていますが、乾麺タイプの方が美味しく作れました。

 

レトルト・ルー

f:id:Cozy28:20200427142949j:plain

 

  AUD
麻婆春雨 $6.0 ¥430
カレールー $5.2 ¥370
明太子スパのソース $4.2 ¥300

 

麻婆春雨は夫がいつもカゴに入れます。

お肉ともやしを足してボリュームアップして食べています。

カレールーは10皿分作れるものを買って2.5皿分を一回に使い、残りはラップして冷蔵庫に入れておけば次回使えます。

 

その他食材

f:id:Cozy28:20200427143042j:plain

f:id:Cozy28:20200427143005j:plain

 

  AUD
納豆 $2.8 ¥200
お麩 $3.8 ¥270
油揚げ $2.0 ¥140
岩手産生わかめ $9.0 ¥630
佃煮昆布 $4.8 ¥330
こんにゃく $1.9 ¥130

 

地味ですが食べたくなるし必要な食材たち。

納豆は冷凍で売っているため家でも冷凍庫で保存し、前日に冷蔵庫に移します。

今回は昆布の佃煮がとてもとても食べたくて、買ってしまいました。

 

お肉

f:id:Cozy28:20200427143010j:plain

 

  AUD
和牛薄切り肉 400g $12.5 ¥880

 

オーストラリアのスーパーでは薄切りの牛肉が手に入りません。

初めてこの薄切りのお肉を買ってみました。

何を作ろうか楽しみです。

 

お菓子

f:id:Cozy28:20200427143017j:plain

 

  AUD
お煎餅 $6.0 ¥420
茎わかめ $3.0 ¥210
羊羹 $2.9 ¥200

 

お煎餅やあんこのお菓子は、時々やってくるホームシックを和らげてくれる必須アイテムです。

 

オーストラリアで日本のものを買う時の考え方

今回は1AUD=70円の計算なのでそこまで割高感はないかもしれないですが、1AUD=85円位の時は「高いなぁ」と思うこともあります。

この記事では計算してみましたが、私たちはあまり日本円で考えないようにしています。

最低時給の高いオーストラリアで現地通貨を稼ぎ、それで支払うのだから何も怖いものないさ!と、強がって日本食材を買っているのです。

それと私たちは二人とも食べることが大好きで、食生活はしっかりしたいという価値観なので、食費が高くなるのは仕方ないかと思ってます。

 

今日の日本食材店お買い物は、なんと過去最高額の99.6ドル。

日本の母にラインで伝えたら「行楽に(お金を)使えないから食べたいものに使おう」との返信がありました。

外食はもちろん、外出も規制があり我慢の多い生活なので良しとします。

お読みいただきありがとうございます。