ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

シンプルスキンケアにもおすすめ オーストラリアでこれさえあれば安心な自然派アイテム3つ

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20200623194829j:plain


オーガニック大国と言われるオーストラリアは、化粧品やヘアケア用品などが高品質でナチュラル。

スーパーやドラッグストアで簡単に手に入り、お手頃価格なのも嬉しいです。

毎日使用しているお気に入り3アイテムとその使い方をまとめてみました。

 

 

ポーポークリーム <ヘアワックス代わりにも使っちゃう!>

f:id:Cozy28:20200506115819j:plain

保湿力抜群のポーポークリームです。

パパイヤ(=ポーポー)を醗酵させて作ったクリームで、ほんのり甘い香りがします。

いろいろなメーカーが作っていますが、この「ルーカス」が元祖のようです。

防腐剤などの添加物は少々使われているものの、シンプルな原料で作られ安心感があります。

lucaspapaw.com.au

 

私はお風呂場、会社のロッカー、ポーチに一つずつ保管し、毎日全身に使っています。

顔、身体、髪、唇、全てOK。

会社で髪を束ねる時、ヘアワックスがなくなったので試しにポーポークリームを伸ばして使ってみたらとてもいい感じ。

それ以来、だったらヘアオイルもいらないんじゃないかと思い、髪にも使っています。

私の好きなフレーズ「これ一本でOK」を実践できる優秀なクリームです。

f:id:Cozy28:20200506115849j:plain

チューブタイプとジャータイプがありますが、初めて使う方はチューブタイプがおすすめ

クリームというよりは固めの軟膏のような質感なので、チューブの方が出しやすいです。

また新品を買った時、ジャータイプは蓋を開けるとすぐクリームですが、チューブタイプは口の部分がきちんとフィルムで覆われていました。

私はたくさん使うので、お風呂場にはジャータイプを置いています。

定価はチューブタイプ25gが7ドル、ジャータイプ75gが14.25ドルですが、薬局などではもう少し安く買えました。

60代の母とその友人たちが、私の帰国時に一人3本ずつポーポークリームのお土産をリクエストしている、というのが保湿力の証です。

 

 

ゴートミルクソープ <心地よい泡で全身すべすべ!>

f:id:Cozy28:20200506115915j:plain

日本から持ち込んだ牛乳石鹸がなくなり、見つけたのがゴートミルクソープです。

やぎのミルクは保湿力に優れ、様々な栄養成分が含まれているそうです。

洗いあがりはつるつるになるけれど、突っ張ったりすることはありません。

我が家は洗面台とシャワーブースに一つずつ置き、手洗い・洗顔・身体洗い全てこれ一つ。

大好きな「兼用」です。

余分なボトルを置かなくて済むので、お風呂場もスッキリです。

 

私のお気に入りメーカーはこちらのNatures Commonscents。

f:id:Cozy28:20200506115947j:plain

お手頃価格(2ドル)泡が柔らかい無香料なのが気に入っている理由です。

Natures Commonscents公式HPのかわいいヤギさんを見て、もっと好きになりました。

 

 ↓ 日本では300円~500円くらい ↓

 

 

ティーツリーオイル <さらなる使い方研究中!>

f:id:Cozy28:20200506120016j:plain

アボリジニが使ったとされる森のハーブからとれたオイル。

私はこれを、洗濯、掃除用スプレー、うがいに使っています。(掃除用スプレーの作り方⇒オーストラリアで掃除用除菌スプレーを作ってみた)

またまた大好きな「1本3役」です。

開封後は1年以内に使うことが推奨されています。

最初に買った15mlは2か月程で使い切ってしまったので、2本目は50mlにしました。

薬局で20%オフの時に買い、50ml瓶が約13ドルでした。

ティーツリーオイルのすごさは、私が説明するより説得力のあるこちらのHPを読んでみてください。

nukada.jimdo.com

 

 

 

これらを使ったシンプルケア~お風呂あがり一連の流れ~

f:id:Cozy28:20200506121929j:plain

 

シンプルケアというと聞こえがいいですが、要は手間と時間を省いたズボラケアです。

 

①ゴートミルクソープで洗顔

シャワータイムの一番最後に洗顔します。

なるべく泡立てネットを使用するようこころがけていますが、 めんどくさいとクルクル手で泡立てるだけです。

 

②化粧水をサッとスプレー

シャワーから上がったらひとまず化粧水をシュシュシュと吹きかけ手でプレスして馴染ませます。

私はsukinのgreen teaの香りのものを使っています。

(シャンプーもsukinで、こちらの記事に使い心地を書いてます。)

f:id:Cozy28:20200506122959j:plain

安い(半額の時に6ドルくらい)のでたっぷり使えます

さっぱりとした使用感。

 

③ポーポークリームを手に伸ばして、顔、髪へ

化粧水だけでは乾燥するので、特に夜はポーポークリームをたっぷり肌につけます。

朝のメイク前に使う時は薄くのばしています。

そのまま髪の毛先にもつけてドライヤーします。

化粧水せずにポーポークリームだけでいいんじゃないかと時々考えますが、せめて2ステップは踏むことにしました。

 

④歯磨きコップにティーツリーオイルを1滴たらしてうがい

歯磨き、フロス後に、ティーツリーオイル入りのお水で口をすすぎ、喉のうがいをしてから寝ます。

 

かなり簡単なケアですが、今のところ乾燥やトラブルもなく、むしろ調子が良いくらい。

3アイテムともナチュラルな素材で、お財布に優しく万能なところが本当に気に入っていて、オーストラリア生活が終わっても使い続けたいです。

もちろん、高級デパートコスメを使ってみたい気持ちもありますが、なくなったら2本目買えるかな…などと考えながら使うのは心地よくないので、今の簡単スタイルが自分に合っていると思っています。

このズボラケアが吉と出るか凶とでるかは10年後にお知らせしますね。

お読みいただきありがとうございました。