ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

プラスチックフリーなクレンジングアイテムを使ってみました!

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20201105111507j:plain

 

レスプラスチック・レスウェイスト作戦バスルーム編です。

固形シャンプーに続き、プラスチックフリーなクレンジングアイテムを探しています。

ザ・ボディー・ショップのアルミ缶入りバームタイプとラッシュの包装なし固形タイプを使ってみました。

 

www.hitsujisampo.com

 

ザ・ボディー・ショップ サンプチュアス クレンジングバター CA

f:id:Cozy28:20201105103753j:plain

 

アルミ缶入りのクレンジングバター。

パッケージうんぬんの前に、使い心地にうっとりしました。

指ですくって顔全体に馴染ませると、バームがとろけてスルスルとメイクが落ちていきます。

ダブル洗顔推奨なので、クレンジング剤をお湯で流したあと石鹸で洗っていました。

毛穴の汚れもしっかり取れた感覚があり、お肌つるつるモチモチ。

ボディーショップは人工的な香りが強くて色も濃くて…というイメージだったのですが、このクレンジングバターで覆りました。

 

f:id:Cozy28:20201105104203j:plain

 

ただ、問題点がひとつ。

プラスチックフリーではあるけれど、化粧品類の缶はリサイクルされないことが多い、という点を懸念しています。

様々な自治体のゴミの分別事情を見ていくと、食品・飲料缶以外の缶は燃えないゴミとなることがほとんどでした。

使い心地が素晴らしくプラスチック容器でない点はクリアできるけれど、ゴミを出すことにはなってしまうかもしれません。

 

⇩税込2,420円 / 25AUD *2か月程使えました

 

ラッシュ スリーピーフェイス ソリッドクレンジング

f:id:Cozy28:20201106074934j:plain

 

こちらは包装なし、はだか売りのアイテムです。

初めてで勝手が分からずお店の人に聞くと、近くにあった紙の小袋にトングを使って入れてくれました。(私が購入したのはシドニーのお店です。)

次回は紙袋もお断りして、ハンカチか何かに包んで持って帰ろうと思っています。

 

固形クレンジングを手に持ち、体温で溶かして使います。

顔の中で温度の高いおでこに数秒あてると溶けてくるので、そのまま顔全体に滑らせるのがおすすめ。

クレンジング剤が行き渡ったら手でマッサージをしながらメイクを落とし、最後は拭き取ります。

今はティッシュペーパーで拭き取っていますが、洗って繰り返し使えるコットンを取り入れてみようかと考えています。

お湯で流せるタイプよりは手間がかかるけれど、プラごみも缶ごみも出ないのはとても理想的。

先に使ったボディショップのクレンジングバーム缶で保管しています。

 

f:id:Cozy28:20201105104250j:plain

 

メイク落ちは問題なく、肌の調子は可もなく不可もない感じですが、減りが意外と早いかも⁉

もう少し使って様子を見てみたいのと、ラッシュには他にも包装なしの固形クレンジングがあるので使い比べてみたいと思いました。

 

⇩税込1,500円 / 16.95AUD *1.5か月くらい使えるかな

jn.lush.com

 

今回はパッケージに焦点を当てたため、使用成分については大まかに見ました。

両アイテムとも100%自然素材ではないものの安全性の高い成分のようです。

 

また、クレンジングアイテム探しと同時に、クレンジングしなくても良いメイクアイテムも合わせて探っています。 

 

何かおすすめがあったらぜひ教えてください!

 

おわりに

生きていく以上ゴミを出さずにいることは不可能。

ゼロウェイストやプラスチックフリーを意識すればするほど難しさや矛盾に悩むこともあります。

 

できることから少しずつ進めていこう!

 

家族とも協力しながら、意思をもって商品を選んでいきたいと考えています。

お読みいただきありがとうございます。

 

www.hitsujisampo.com

 

www.hitsujisampo.com