ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

オーストラリアでついに見つけた私の理想のシャンプー『Shampoo With A Purpose』 プラスチックフリーなシャンプーバー

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20200806123958j:plain

 

エコについて勉強を始め、ここシドニーで少しずつ実践してみています。

お風呂場のプラスチックゴミを減らしていこうと思い、シャンプーバーを探していました。

私の理想を全て満たしてくれそうなShampoo With A Purposeというシャンプーバーを見つけたので、レビューを書きました。

 

 

私の理想のシャンプー

今までのシャンプー選び経験から、以下の条件を求めています。

  • シンプルで身体に悪くない成分(経皮毒に気を付けている)
  • コンディショナーがいらないシャンプー(節水意識+ズボラな性格ゆえ)
  • バータイプ(プラスチックゴミを減らしたいから)

今回見つけたシャンプーはこの3つを満たしてくれました。

 

Shampoo With A Purpose

www.shampoowithapurpose.com

 

外観

f:id:Cozy28:20200805132738j:plain

 

可愛いデザインの紙箱。

ビニールは使用されていなく、紙箱にそのままシャンプーバーが入っています。

箱のあらゆる面にこの製品の説明やこだわりが書かれていました。

お店に陳列されている時からココナッツの香りがします。

価格は1つ15ドル。(日本円で1200円程)

 

f:id:Cozy28:20200805132809j:plain

 

使い方

使い方はとことんシンプルです。

髪を濡らし、バーを髪に通して(こすって)泡立てて洗ったら、2~3分放置して流します。

注意書きとして以下のような内容も書いてありました。 

最初は、今まで使っていたコンディショナーと併用し、少しずつ使用量を減らしていくことでスムーズな移行ができると思います。
このシャンプーバーは、髪に本来必要な分だけコンディショニング成分を配合しているので、今までのコンディショナーの使用をやめることで髪を強化し、頭皮への製品残留をなくし、刺激やフケを防ぎます。

 

このShampoo With A Purpose以外にも、シャンプーバーは何種類か見つけることができたのですが、「コンディショナー不要」というのが私にとってすごく大きかったです。

 

f:id:Cozy28:20200805132840j:plain

 

プラスチックフリーなシャンプーバー

オーストラリアの老舗石鹸工場を経営していたリズさんとその娘さんが、プラスチック消費を減らすため試行錯誤し開発したシャンプーバー。

また、天然の無害な成分のみを使い、髪の健康と心の健やかさを手に入れることを目指しています。

このシャンプーバーを使う事により、一つにつきシャンプー&リンス約6本分(大きさは不明)のボトルが削減できるそうです。

また、顔や身体用にも使えると記載がありました。

お風呂場にこれ一つでいいなんて、かっこよすぎ。

我が家のお風呂場のビフォーアフター載せておきます。

 

f:id:Cozy28:20200805133010j:plain

(sukinのシャンプーが悪いという意味では決してありません。sukinシャンプーは、成分も穏やかで優しく、ノンケミカルシャンプーとしてとても素晴らしい商品です。) 

 

配合成分について

13個の「No」を掲げています。 

No Sulphates(硫酸塩なし)

No Synthetic Fragrance(合成香料なし)

No Animal Derivatives(動物由来成分なし)

No Harsh Chemicals(刺激の強い化学物質なし)

No Propylene Glycol(プロピレングリコールなし※注1)

No Artificial Colours(人工着色料なし)

No Triethanolamine(トリエタノールアミンなし※注2)

No EDTA(EDTAなし※注3)

No Parabens(パラベンなし※注4)

No Harsh Detergents(刺激の強い洗浄成分なし)

No Animal Testing(動物実験なし)

No Palm Oil(パームオイルなし※注5)

No Packaging Waste(包装廃棄物なし) 

[参考HP]化粧品成分オンライン

※注1…プロピレングリコール(=湿剤、乳化剤、溶剤として使われる成分

※注1…トリエタノールアミン=泡立ちや洗い上がりを向上させる成分

※注3…エデト酸=酸化防止剤

※注4…パラベン=防腐剤

※注5…パーム油の問題点について参考HP⇒パーム油が大問題に!環境への影響と私たちができること全て | ライフハッカー[日本版]

 

そして、実際に入っている全成分はこちら。

ココイルイセチオン酸ナトリウム
グアーガム
植物由来のグリセリン
天然ココナッツの香り
モロッコアルガンオイル
ココナッツオイル
ラウリル硫酸ナトリウム
ベタイン
シアバター

 

少し調べた情報では賛否両論のある成分も見られますが、ホームページには丁寧に成分が説明され、優しく穏やかな成分であることは間違いないようです。

詳しくはこちら⇒https://www.shampoowithapurpose.com/ingredients

 

f:id:Cozy28:20200805132924j:plain
 

肝心の使い心地について

私の髪の長さはセミロングです。

泡立ちはかなり良好で、髪を濡らしてバーを髪にゴシゴシしていると自然と泡立ってきました。

泡はもっちりとして、ココナッツの香りがとても豊か。

「数分置いてから流す」という指示通り泡をつけたままの髪をくるっと頭上にまとめ、その間に身体と顔を洗いました。

今まではシャンプー・リンスを洗い流したあとに顔と身体を洗わなければなんとなく気持ち悪かったのですが、顔や身体用にも使えると表記があったため、「全部洗って一気に流す」が実現できました。

(顔・身体は2ドルのゴートミルクソープを使っています。)

流す時、髪がほわんと柔らかくなったような手触りを実感。

多少のきしみはありますが、石鹸シャンプーの時のような「リン酢必須感」はなく、一回目の使用時から「これならコンディショナーなしでもいける!」と思いました。

ドライヤー時に少しひっかかりましたが、完全に乾いてからはスルスルです。

洗っている時は香りが強く感じましたが、髪を乾かすとあまり残りません。

私が使用したのはノーマルタイプですが、髪悩みに応じてドライ・ダメージ用、カラー髪用、ボリューム用を選ぶことができ、同じくバータイプのヘアマスクもありました。

今後の使い心地や、髪・頭皮の状態も観察していきますが、今のところは最高です。
 

わずかばかり気になること

デメリットという程のものでありませんが、2つ思ったことがあります。

 

◆パッケージについて

紙箱なのでリサイクルもでき、とても可愛くおしゃれだけれど、もっと簡素なものだったとしてもこのシャンプーバーを絶対嫌いにはなれません。

ゼロウェイストの考え方で言うならば、もっとゴミを減らせるかもと思いました。

 

◆日本で買えない

帰国したら使えなくなってしまうのかと思うと、今からロスになりそうです。

国外発送もしているようですが、色々考えると二の足を踏んでしまいそう。

 

ひとまず使い続けて、髪の状態やどのくらいの期間使えるか等またレポートしたいと思います。

オーストラリアでシャンプー選びに迷う方の参考になれば嬉しいです。

 

 ↓ 日本で買えるシャンプーバーも合わせて探し中 ↓ 

*コンディショナーもバータイプ 一度使ってみたい

 

* マジックソープ+クエン酸リンスで使う

 

*大好きなシャボン玉石鹸からシャンプーバーが出ている!!(要リンス)