ひつじさんぽ

30代夫婦のシドニー暮らし × 留学・英語 × ワイン

ウニコゼロ ハルシオンデイズ ネロ・ダヴォラ リヴァーランド 2018 *ウニコゼロに夢中【ワイン日記】

この記事をシェアする

f:id:Cozy28:20200721174024j:plain

 

ある日の午後、夫が夜ご飯用にラザニアを作ってくれました。

オーブンに入れて焼くだけにし、「やっぱりワインだな」と近くのワインショップへ。

最初はシチリアのワインを手に取りましたが、オーストラリアのネロ・ダヴォラ(シチリア原産のブドウ品種)を見つけて、珍しいのでこちらに決めました。

ウニコゼロというアデレードヒルズのナチュラルワインの生産者です。

数日前にはウニコゼロのメルローを飲みました。

 

www.hitsujisampo.com

 

Unico Zelo Halcyon Days Riverland Nero d'Avola 2018

f:id:Cozy28:20200519233329j:plain

 

産地 南オーストラリア州
リヴァーランド
品種 ネロ・ダヴォラ
生産年 2018
タイプ 軽やかで繊細
価格 20AUD(定価40AUD)

 

ひと口め、する~っと喉の奥まで運ばれるなめらかな舌触りです。

アルコール感も控えめで、渋みも軽く穏やか。

クランベリーのような、甘酸っぱくて少し渋い果実の味わい。

明るく濃厚な陽のイメージではなく、ドライでシックな印象を受けます。

ネロ・ダヴォラの代表的な産地シチリアで造られる濃厚でリッチな味わいとは趣が違い、物静かで少し儚さを感じました。 

 

f:id:Cozy28:20200511130216j:plain

 

ワインの名前はHalcyon Days=穏やかな日々、平和な日々。

ラベルに書かれた3つのキーワードは、

  • DELICATE…繊細な
  • SAVOURY…香り高い
  • EVOCATIVE…何かを思い起こさせる

 

「evocative」難しい言葉なので少し調べてみました。

懐かしさとか、思い出を想起させるような時に使う言葉のようです。

なんとも詩的なワインですね。

 

リヴァーランドで造られるネロ・ダヴォラ

リヴァーランドは、アデレードから東に車で2時間半ほどの場所にあるオーストラリア最大の産地です。

マレー川の流域、南オーストラリア州とヴィクトリア州にまたがっています。

 [参考URL]リバーランドのワイナリー、醸造所、蒸留所 - オーストラリア政府観光局

 

栽培されている代表的なブドウは、シャルドネ、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの主要品種。

近年は新進気鋭のワイナリーが新たなブドウ品種の栽培を始めました。

地中海性気候のリヴァーランドはイタリア系の品種と相性が良く、シチリア原産であるネロ・ダヴォラもその一つです。

 

今回紹介したワインの生産者ウニコゼロは、フィアノ、ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットなどイタリア由来の品種にフォーカスしてワイン造りを行っています。

ワイン新興国で厳しい法律もないオーストラリアならではの、ユニークで、しかし筋の通った生産者。

大ファンになりました。

 

どんどん飲まないと、ワインの世界の流れに乗り遅れちゃうから、今日もワインショップに行ってきます。



⇩日本で購入できるウニコゼロのワイン

 

 

 

↑ このロゼすっごく気になる!